起立性調節障害(OD)の原因や対策について

横浜市港南区港南台4-7-29 
サウスポートヒルズA201

【土日営業】【予約制】【第2水曜定休】

  1.  » 
  2.  » 起立性調節障害の原因と対策
Information
朝起きれるようになった」という患者さんの声を追加しました。

起立性調節障害の原因と対策

起立性調節障害に対する正しい知識を身につけましょう

 起立性調節障害は、中高生の方々に起こりがちな症状です。その数は中高生全体の十パーセントにも及ぶと言われています。未成年の自律神経失調症とも言うべきこの症状は、一見ではただ怠けているだけ、と捉えられることが多いです。なぜなら発症するお子様の大半が夜更かしをしていて、朝起きられない…という状態だからです。


 これでは保護者の方は、この症状がまさか病気とは思わないでしょう。さらに、午後になると元気に動き始めるとくれば、これは怠けているとしか思えません。しかし、発症している方々からすれば深刻な問題であり、本人の努力次第でどうにかなる問題ではなく、努力の結果、逆に悪化してしまったということになりかねません。


 特に、中高生時代は受験という大切な時期に直面する年代であり、そんな時にこのような症状に悩まされていては、不安な気持ちでいっぱいになってしまうでしょうし、そのような心理状態では症状のさらなる悪化に繋がってしまいます。最終的に学校を休みがちになってしまい、不登校・退学となってしまうことすらあります。


なぜ朝起きられないのに、夜更かしをしてしまうのか?

起立性調節障害と自律神経の関係

 これは交感神経(動くための神経)が副交感神経(休むための神経)に切り替わらず、常に活動状態であり続けてしまうためです。つまり、進んで夜更かしを行っているわけではなく、眠ることができないため起きたままでいてしまうのです。


 起立性調節障害の方は、常人とおおよそ5~6時間程度活動のリズムがズレてしまっていると言われています。そのため、本来なら起きるべき時間に起きられず、寝るべき時間に寝ることができないのです。


 ダメ押しに、朝はほぼ必ず体調不良になってしまっているので、まともに動くことなどできません。朝の体調不良の原因は血行不良(血圧低下)で、倦怠感、めまい、立ちくらみ、頭痛、貧血、食欲不振、発熱、冷え症、動悸など様々な症状を発症・併発してしまい、時間が経たなければ回復しません。


 これは、血圧を維持するための神経に異常を来しているためであり、本来、脳から全身に行き渡るはずの血流が下半身に留まってしまい、体力・思考能力などの低下を促しています。


 特に、気温の高い季節は体温を上昇させる必要がないため、血圧が上がらず余計に体調が悪化してしまい、気温の低い季節だと体温の上昇が必要なため、全身に血液を流そうとするので血圧が上がり、症状が軽くなることが多いです。


起立性調節障害の原因とストレス

ストレスが起立性調節障害に与える影響

 起立性調節障害も自律神経失調症と同じく、様々な要因で発症するのですが、最も有力なのがストレスです。人間はストレスを感じると自律神経が影響を受け、その状態が保たれ続けると自律神経が狂い始め、様々な症状が発症します。


 思春期という気難しい年頃で学校生活を送っている彼らにとっては、ほんのちょっとしたことでも、ストレスになりうる危険性が潜んでいます。幼少期の頃から自身の感情を優先しない、他人に合わせようとする、いつも良い子で言うことをキチンと聞いてくれた、頼めば断らず引き受けてくれたなどといった、真面目ながら消極的で気配りのできる良い子ほど、ストレスを溜めやすい傾向があるようです。


 そして抑圧されたストレスが起立性調節障害となり、自分の境遇への不満を爆発させてしまうのです。こういった部分は保護者の皆様方が留意するほかありません。年頃の少年少女の心を理解するのは大変難しいことと思いますが、彼らにも多くの悩みがあり、反抗期などに入り、ご両親に対しての葛藤などがあり、それでも一番親密な家族という関係でいるのです。


 誰よりも相談に乗る時間があり、誰よりも気を遣わずに話し合え、誰よりも愛おしい存在のはずです。皆様は誰よりもお子様の理解者であらねばなりません。安易に叱ったり、不安がったり、諦めたりしてはいけません。


 お子様の持つ症状を理解し、相談に対して否定したりせずに聞き入れ、持っている長所や些細なことでも良かったところを褒めることが、不安定なお子様を元気づける要因となるのです。お子様の持つ症状に否定的になるのではなく、前向きに捉え、受け入れ、共に歩んでいくことが何より大事なことです。


 親が不安なときに、子はもっと不安に思っていることを解ってあげて下さい。日常の中で対策を取っていくことも重要です。起こすときなどに、無理やり起こそうとしたり激しく揺さぶったりなどは絶対に止めてください。そういった強引な手段は、お子様のストレスを増やし、症状を悪化させる要因になりえます。


起立性調節障害を改善させるための対策

 カーテンを開けて光を入れる・優しく揺する・根気強く時間を置いてこういったことから、ストレッチを共に行う・就寝時間を早めに設定する・寝る前にクラシックを掛ける・テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットなどの許容時間の取り決め・軽運動を毎日行うなど、簡単に習慣化できることを常日頃から行っていくことが必要になってきます。


有酸素運動(軽運動)

 無理がない有酸素運動(軽運動)、主に「ウォーキング」などの、体力を一定ずつ時間を掛けて消費していくタイプの運動のことです。手始めに、ウォーキングを一日一時間、複数回に分けて行うことを、最低で週に二回させることから始めましょう。



チルトトレーニング

 有酸素運動に慣れれば、時間や距離を少しづつ伸ばし負荷を高めていきます。仮に、このようなトレーニングも続けることができないのならば、自宅で立ったままの状態を維持するだけの「チルトトレーニング」をお勧め致します。


 下半身を鍛えることにより、上半身の貧血を防ぐためのもので、一日に五分を二回程度毎日行っていただきます。ちなみに五分も無理なら二、三分でも構いませんし、辛くなったら無茶をさせず止めさせましょう。


 やり方としては、壁に背中を着け、かかとを壁から十五センチ程度話した状態で立ち、なるべく身体から力を抜いて行うようにしましょう。これが楽にこなせるようなれば、時間を三分ずつ延ばしていき、最終的に十五分まで立っていられるようになれば、それ以上延ばす必要はありません。


 身体を動かす運動に切り替えていきましょう。単純ながらも、起立性調節障害にはかなり有効な手段とされていますので、ぜひご活用ください。



 このような些細なことでも、続けていけば必ず変化は現れます。少なくとも、何もしない間は何も変わりません。「地道な努力を積み重ねること」、「少しずつでも改善していくこと」、こういった根気強さと意志の力が求められます。残念ながら、処方された薬を飲んだり、心理カウセリング程度では完治することはほぼありません。


 一瞬良くなったとしても、すぐに元の状態に戻ってしまうからです。 一回の「なにかしら」で状態の完治を願うなどという、都合の良い考えは絶対にやめるべきです。


起立性調節障害(OD)でお悩みの方は、横浜アーク整体院までお気軽にお問い合わせください。

 起立性調節障害は成人になると、症状がすっかりなくなってしまう、という症例も存在します。勉強面や対人面などに関して、遅れが生じてしまうことも多々ありますが、それでも少しづつ、僅かづつ、自分のペースで続けていってください。学校に行くことが出来なくとも、自宅で勉強するなど、色々な方法が存在します。


 カウンセラーや医者に相談したりなど、他者に助言を仰ぐこともその一つです。お子様も保護者様も一人で悩んだり、解決したりしようとせず、皆で問題の解決に臨みましょう。諦めてしまうことがあってはなりません。お子様がどれだけ諦めていようとも、保護者様が諦めることは無いようにお願い致します。子は親の知らぬところで親を見ています。


 親が意気消沈していては、子供が奮起してくれることはありません。だからこそ親御様は「諦めずに改善することを模索する姿勢」をお子様に見せ続けてください。それこそがお子様が頑張ることのできる、諦めずに続けられる意志の強さに必ず繋がるはずです。


 横浜アーク整体院ではこういったお子様の治療もさせていただいております。気難しい年代のための、精神的問題解決に必要なカウンセリングから、肉体的な構造の変化による整体まで、丁寧に行わせていただきます。


 こういった問題でお困りのお客様がいらっしゃいましたら、お気軽にご連絡・ご相談下さい。皆様の治そうとする行動、その一歩の踏み出しによって、症状の改善への可能性が広がっていくのです。


 起立性調節障害の専門家による無料相談


ご予約・お問い合せはこちら

横浜市港南区港南台4-7-29 
サウスポートヒルズA201

【土日営業】【予約制】【第2水曜定休】

*


あわせてお読みください。

  • 施術の流れ

  • スタッフ紹介

  • 当院までのアクセス



今ならHP見たで、初見料が無料!

起立性調節障害を克服するための5つの秘訣

自律神経専門情報

症状改善後の再発防止に「自律神経バランスプログラム」

うつ病・自律神経失調症・パニック障害のための「無料カウンセリング講座」

早期回復・再発防止のための、自律神経を整える「無料の腹式呼吸法講座」

横浜アーク整体院の「3つの約束」

症例集

スタッフ紹介

患者さんの声

お問い合わせ

横浜アーク整体院

横浜アーク整体院の外観

〒234-0054
横浜市港南区港南台4-7-29
サウスポートヒルズA-201
tel. 045-873-0906


休診日:第2水曜日
受 付:09:30 - 20:00
※ 月木のみ18:30まで

 アクセス


 PageTop


copyright (C) 横浜で整体をお探しなら「横浜アーク整体院」. All Rights Reserved.