うつ病を治すために知っておくべき基礎知識

横浜市港南区港南台4-7-29 
サウスポートヒルズA201

【土日営業】【予約制】【第2水曜定休】

  1.  » 
  2.  » うつ病を治すための基礎知識
Information
朝起きれるようになった」という患者さんの声を追加しました。

うつ病を治すための基礎知識

なぜ、うつ病は改善されないのか

 なぜ、あなたのうつ病は一向に改善されないのか?このページでは、うつ病の基礎知識をお伝えしていきます。


うつ病とは

自分だけの力ではどうしようもない、うつ病の怖さ

 うつ病は年間の患者数が九十万人を超えています。うつは、今まで真面目に頑張ってきた方や失敗をほとんどせずにエリート街道を進んできた方などを、いとも簡単に転落させてしまい、自傷・自殺・犯罪行為といった考えられない行動を取らせてしまうなど、社会的問題に発展させてしまう程、非常に影響力の大きなものなのです。


 そして大抵の方は、自身のうつ病に気が付かなかったり、安易に捉えたりして無理を重ねてしまいます。うつ病は初期症状が判りにくいということもあり、もっと頑張ればいい・気の持ちようでどうとでもなるなど、自己解決をしてしまいそのまま生活を続け、さらに病態を悪化させてしまう悪循環となるのです。


 残念ながら、うつ病は精神的問題や根性論といったものではどうすることも出来ないので、自分でどうにかしようとするのは諦めましょう。


 うつ病の患者は、肉体的に多くの症状を抱えがちになるので内科に通う方が多くおられるようですが、検査をしても何の異常も見られないことがほとんどです。


 結果、自分の病気はまだ解明されていないような未知のもので、治しようがないのだと考えて不安や焦燥といったものを感じてしまい、余計精神的に弱ってしまいます。そうなると、自律神経という人間の様々な部分を調整する神経に異常を来し、肉体的にも不調を抱えるようになってしまいます。


 こういった精神が肉体(またはその逆)に影響を与えることを相関関係と言います。つまりマイナスな要素を想像したりするだけでストレスが溜まり、身体の機能低下を招いてしまうのです。なるべくポジティブに物事を考えるのが大事です。


うつ病を治すためにすべきこと

正しいうつ病の対処法を知りましょう

 うつ病を発症して、まず一番最初にしなければならないのが休養でが、うつ病を発症してしまった原因が何か、当事者の方々はご理解されていないと思います。それは頑張り過ぎてストレスをため込み過ぎた、ということなのです。


 ストレスにも色々種類があり、人によって様々ですが、蓄積され過ぎると問題が起こるというのは間違いありません。


 もしそのまま蓄積を続けていると、身体が壊れてしまいます。うつ病などの病気は、それ以上無理をさせないためのストッパーであるとされています。そのため、まずは溜まり過ぎたストレスと疲労を取り除くことからしなければなりません。


 睡眠を取る・仕事を休無・どこかに出かけるなど、しなければならないことがたくさんあるはずです。病院などの専門機関に通う場合は、しっかり休養を取って低下している生命力を回復し、状態が多少でも良くなってから通うようにして下さい。


うつ病の種類

 うつ病は、大まかに二つの種類があります。定型と非定型と呼称されており、大きな特徴として症状が正反対のものが多いということです。


定型うつ病

 意欲喪失・落ち込みがち・自虐的・睡眠不足・食欲不振・夕方の体調緩和・倦怠感などの症状が発症する、典型的とも言えるうつ病です。これに対し非定型の特徴は、まず発病する人が女性に多いことが確認されており、気分の差が激しい・気が短い・睡眠過多・過食的・夜中は憂鬱な気分・他人の言動などに過敏などがあり、うつ病全体の約四割がこの非定型を占めています。この非定型は定型より判断が難しく、誤診を起こす医者も少なくありません。



非定型うつ病

 気分反応性という症状があり、簡単に言ってしまうとテンションの浮き沈みが激しいということなのですが、これのせいで他人から仮病ではないのか、などと思われることがあります。そうなると、他人に対して過敏になってしまう非定型うつ病は余計に悪化してしまいます。他にも過食ゆえに太ってしまい周囲から、だらしがない・自己管理が出来ていないだけなどと思われたりもしてしまいます。他人に理解されるのも難しい、大変厄介な症状なのです。



うつ病のメカニズム

うつ病はどのように起こるものなのか

 うつ病の発症に、神経伝達物質の働きが大きく関与することも解っています。中でも、セロトニンとノルアドレナリンが重要です。セロトニンは高まった興奮を鎮め、睡眠の質を上げ、環境に対して体温を調節するなどの働きをします。


 精神的にも恐怖や不安といったマイナス感情を抑制する働きもします。この働きに異常が起こると、睡眠障害や依存症といった精神障害が発症する可能性が高まります。


 ノルアドレナリンは物事に対しての集中力や朝の目覚め、記憶力などに関わっています。また、緊急時などに血圧を上げて対応できる状態に身体を移行させる働きもあります。


 これが不足してしまうと、ストレスや外部刺激といったものに弱くなってしまったり、物事に対しての意欲や興味をなくしてしまったりなど、肉体的にも精神的にも弱体化してしまいます。


 定型うつ病を発症していると、これらの神経伝達物質の働きが極端に低下することが分かっています。しかし、非定型うつ病の際は、逆に高まることがあるとの報告が挙がっています。


 これに加え、定型うつではストレスを感じた時に特定のホルモンが分泌されるのに対し、非定型うつだと分泌されないのです。これは、ストレスを受けても反応をしていないということになり、視床下部というホルモンを分泌している中枢の機構そのものに問題が起こっているということになります。


 そのため非定型うつでは他の病気を併発し易いともされています。こういった症状や反応などの違いから、うつ病ではないと誤診されるケースが後を絶たないのです。一概には言えませんが、非定型うつの方が発症した場合体に起こる問題や社会的な視線に苦労することがが多いので、厄介だと言えるでしょう。


 併発する病気も、パニック障害や不安障害といった進行してしまうと、社会的問題になってしまうようなものばかりです。こういった精神関連の病気は、世間体などを気にして他人に相談できない方も多いと聞きます。


 ですが、初期に適切な治療ができるかどうかで改善にかかる期間が全く変わってきてしまいます。進行してしまった後では、治らない可能性さえ出て来るのです。前述の通り、うつを患ってしまった時にまずしなければならないのは、休養を取るということです。


うつ病と自律神経の関係

うつ病はどのように起こるものなのか

 横浜アーク整体院では、うつ病は自律神経失調症が進行した形と捉えています。まず自律神経失調症を簡単に説明すると、ストレス過多によって自律神経が乱れ、身体の各種器官の機能が低下し様々な体調不良を患ってしまうというものです。


 この状態は全体的にエネルギーが足りておらず、休息を取っても機能がガタ落ちしているため回復力・修復力が低く、疲れがほとんど取れないのです。さらに、うつ病になるとエネルギーが足りないどころかほぼゼロの状態にまで下がってしまいます。


 こうなると肉体的・精神的にまともに機能せず、仕事どころか外出することすら困難になってしまうのです。


うつ病にお悩みの方は、横浜アーク整体院までお気軽にお問い合わせください。

 横浜アーク整体院では十数年間、まともに運動すら出来ないような方も来院されました。ですが自律神経バランス療法により、数回のご来院で改善に至りました。今まで病院などに通い詰めても一向に良くならなかったうつ病の症状が、手技によって改善されたのです。


 しかも横浜アーク整体院の施術はソフトで、患者様のお身体に負担を掛けないように配慮されたものになっております。こういった事情もあり、ご来院される方々は症状の重い・長期間症状に悩まされている方ばかりです。


 自律神経系の問題ならば、ほとんどのものを改善させられると自負するだけの手腕が横浜アーク整体院にはございます。投薬や運動などではどうにもならないレベルまで症状が進行してしまい諦めてしまっている、そんな方がいらっしゃれば横浜アーク整体院にお任せください。


 うつ病の症状の改善を強く希望される方、そのために努力を続けられる方のお電話をお待ちしております。


 うつ病の専門家による無料相談


 自律神経専門情報の一覧


ご予約・お問い合せはこちら

横浜市港南区港南台4-7-29 
サウスポートヒルズA201

【土日営業】【予約制】【第2水曜定休】

*


あわせてお読みください。

  • 施術の流れ

  • スタッフ紹介

  • 当院までのアクセス



今ならHP見たで、初見料が無料!

起立性調節障害を克服するための5つの秘訣

自律神経専門情報

症状改善後の再発防止に「自律神経バランスプログラム」

うつ病・自律神経失調症・パニック障害のための「無料カウンセリング講座」

早期回復・再発防止のための、自律神経を整える「無料の腹式呼吸法講座」

横浜アーク整体院の「3つの約束」

症例集

スタッフ紹介

患者さんの声

お問い合わせ

横浜アーク整体院

横浜アーク整体院の外観

〒234-0054
横浜市港南区港南台4-7-29
サウスポートヒルズA-201
tel. 045-873-0906


休診日:第2水曜日
受 付:09:30 - 20:00
※ 月木のみ18:30まで

 アクセス


 PageTop


copyright (C) 横浜で整体をお探しなら「横浜アーク整体院」. All Rights Reserved.