自律神経失調症の原因や対策などについて

横浜市港南区港南台4-7-29 
サウスポートヒルズA201

【土日営業】【予約制】【第2水曜定休】

  1.  » 
  2.  » 自律神経失調症
Information
自律神経専門情報に「食欲不振と自律神経」のページをを追加しました。

自律神経失調症

自律神経失調症が病院では良くならない理由

自律神経失調症に詳しい横浜アーク整体院の小見山

 あなたは辛い症状があるのに、病院に行って検査をしても異常が見つからないといった経験をしたことがあるでしょうか?肩こり・腰痛・頭痛・倦怠感・不眠・動悸・不安感・無気力・のどの違和感・胃の不調などの辛い自覚症状があるのに、病院での検査結果はいつも異常なし。そんなあなたは、自律神経の乱れによる自律神経失調症を疑ってください。病院の検査で異常が見つからない場合、自律神経のバランスが乱れて体に不調が現れる「自律神経失調症」の疑いがあります。


自律神経失調症チェック

 これから自律神経失調症の原因や対策についてお話していきますが、その前にあなたが自律神経失調症であるのかを簡単なチェックでテストしてみましょう。


  •  めまい、耳鳴りがある。

  •  胸か心臓のところが(締め付け)や(押さえ)つけられるような感じがある。

  •  動悸が気になる。

  •  よく息苦しくなることがある。

  •  夏でも手足が冷えてる。

  •  食欲がない

  •  吐き気があったり、吐いたりする。

  •  胃の具合が悪い

  •  よく下痢、便秘をする。

  •  肩や首がこる。

  •  皮膚にじんましんができる。

  •  皮膚が赤くなる。

  •  ひどい頭痛がある。

  •  今まで2回以上気を失ったことがある。

  •  手足が震える。

  •  体のどこかにしびれや痛みある。

  •  よく眠れない。

  •  急に体が熱くなったり、冷たくなったりする。

  •  体がひどく、だるい

  •  汗が激しく出ることがある。

  •  肩や首がこる。


 いかがだったでしょうか?10個以上当てはまった場合は自律神経失調症の傾向があり、早期治療をお勧めします。これからお話する自律神経失調症についての原因や対策をお読みになるか、無料相談も受け付けておりますので、症状について不安などありましたら「横浜アーク整体院」までお気軽にお問い合わせください。


 自律神経失調症の専門家による無料相談


自律神経失調症の症状

自律神経症状の現れ方は人それぞれ!

 自律神経失調症は、1つの病名ではなく様々な症状を総合してこのように呼んでいます。ですから、自律神経失調症の症状は人によって全く違います。そして、自律神経失調症の症状は、頭部から肩・心臓・呼吸器系・血管系・皮膚・胃腸・足の先まで全身のいたるところに現れます。これらは自律神経が体のすべての器官に影響を与えているためです。


代表的な自律神経症状は以下の通りです。


頭部 偏頭痛、頭痛、抜け毛等
疲れ目、ドライアイ等
味覚異常、のどの渇き等
耳鳴り、耳の閉塞感等
異物感、圧迫感、つまった感じ、イガイガ感等
肩こり、肩が張る等
心臓・血管系 動悸、胸部圧迫、立ちくらみ、めまい等
呼吸器系 息が吸いにくい、苦しい、過換気症状等
消化器系 便秘、下痢、胃もたれ、吐き気、腹部膨満感等
泌尿器 頻尿、残尿感、尿が出にくい等
生殖器 不感症、生理不順、月経痛等
手・腕 冷え、しびれ、痛み等
冷え、しびれ、痛み、ふらつき等
皮膚 乾燥、かゆみ、多汗等
筋肉・関節 腰痛、首、背中の凝りや痛み等
全身的な症状 不眠、食欲不振、だるい、疲れやすい、めまいがする、微熱が続く、手足がほてる等
精神的な症状 不安感、イライラする、落ち込む、孤独を感じる、意力、集中力、注意力が低下する、情緒不安定になる等

などがあげられます。


 上記であげた自律神経失調症の症状の現れ方も、人によって実に様々です。1つの症状が長く続く人もいれば「動悸がして・胃もたれがあり・頭痛もする」というように同時にいくつもの症状を抱えている方も多くおられます。


自律神経失調症のタイプ

自律神経失調症には、大きく分けて4つのタイプがあります。


1.  本能性型

生まれつき自律神経の調節機能が乱れやすい体質の人、低血圧や虚弱体質、または立ちくらみをしやすい人などにみられるタイプ。体力に自信のない人も自律神経に変調を来すことが多いと言えます。



2.  神経症型

心理的な要因によって自律神経の機能に不調をきたし、不定愁訴の症状が現れるタイプ。自分の体の変調に敏感で、気にする人に多く見られる。神経症との境界線が曖昧だが、身体的な所見が強く見られる場合に当てはまる。



3.  心身症型

自律神経失調症の約半数がこのタイプ。日常生活のストレスが原因のため、症状の現れ方も程度も様々で喜怒哀楽の感情や疲労などのストレスを無理に抑えることにより、自律神経に変調をきたす。



4.  抑うつ型

ストレスが慢性的に蓄積して、うつ状態の反応をきたすと、頭痛、腹痛、不眠、食欲不振などの身体不振などの身体症状もあらわれる。抑うつ気分が、これらの症状に隠れて発見されにくいと、うつに対する適切な治療がなされないことになる。性格的にうつ状態になりやすいのは「几帳面」「完全主義が強い」「気分が沈みやすい」などの傾向のある人など。



自律神経失調症の特徴

自律神経が乱れると「イライラや憂うつ」な気分が続くことも…

自律神経失調症の特徴についてご説明します。

 毎日不調が続く人もいれば、日によって現れたり消えたりを繰り返す人もいます。また個々の身体的症状のほか、疲れやすく力が入ってしまう・夜眠れない・食欲がない・めまいがする、など慢性的な全身症状を伴うことが多いのも自律神経失調症の大きな特徴です。


 自律神経失調症の影響は身体的な不調だけではなく、人により精神面に強く現れることもあります。精神面での症状の代表なものは、イライラ・憂うつ・うつ感・不安感の増加・好奇心の喪失・集中力がなくなる・記憶力の低下などです。


 「何となく気分か晴れない」「些細なことが気になって不安を感じる」「何を見ても興味が沸かない」などいわゆる落ち込みが続きます。精神状態も身体状態と同じように決まったパターンがなく、人によって現れ方や程度は様々です。また、精神症状が出始めるとうつ病やパニック障害に移行していきます。


体のあちこちに現れる症状

 自律神経失調症の症状は体の各器官に現れ、人によって様々です。単独の場合もあれば、複数の場合もあります。自律神経はほとんどの臓器や器官につながっていますので、症状が特定のところに集中した場合は、別の病名がつくことがあります。次のような症状が慢性化するようなら注意しましょう。


1.  頭痛・頭が重いなど(頭の症状)

自律神経失調症による頭痛は、締め付けられるような鋭い痛みやズキンズキンとした痛みが多く、首や肩こりを疑います。交感神経が緊張しすぎて抹消の血管が収縮し、血行不良を起こしているのが原因です。



2.  目が疲れてる・涙が出る・目が開かない・目が乾く・など(目の症状)

目を酷使したときのような疲れ目になります。これは目に血液が十分に送られなかったり、涙腺の働きが低下したりするからで、ひどくなると目が開かなくなったりします。



3.  耳鳴り・耳の閉塞感など(耳の症状)

耳の中でザーとかシューなどという音がしたり、耳の奥に何かがつまっているような気がしたりします。



4.  口が乾く・味覚異常・口の中が痛い(口の症状)

大勢の前で話すときに口が乾くのは、緊張などの精神的な作用によるものですが、ふだんでも口がカラカラに乾いたりします。また、疲れると味覚に対して鈍くなったり、強い苦味を感じたりします。さらに、口空内や舌に異常がないのに口の中が痛くなることもあります。



5.  異物感、イガイガ感、圧迫感、のどがつまるなど(喉の症状)

のどから食堂にかけて、異物感や圧迫感があったり、のどの周りがイガイガしたりします。また、何かがつまっているような感じがして、飲み込むときに気になることもあります。これらは、副交感神経の緊張が原因です。



5.  動悸、息切れ、胸部圧迫、手足の冷えなど(心臓や血管の症状)

急にドキドキしたり、ちょっと動いただけで息が切れたり、また胸が締め付けられたりします。交感神経の緊張により脈拍が速くなり、動悸が起こるのです。冷えは血管系の代表的な症状です。



6.  息切れ、酸欠感(呼吸器系の症状)

ふつうに呼吸をしているのに酸欠を起こしているように苦しく感じたり、布団に入って休もうとすると息苦しくなったりします。これは、副交感神経の緊張が高まって強く働くからです。



7.  吐き気、腹部膨満感、複鳴、下痢、便秘、ガス、食道の異物感など(消化器系の症状)

下痢や便秘は多くは見られる症状で、これらが交互に現れる場合もあります。また、空腹状態ではないのにお腹が鳴ったり、満腹ではないのにお腹が張ったりもします。特に、胃や腸は精神的影響をもっとも受けやすい器官と言われています。自律神経が深く関係している器官だということです。



8.  頻尿、残尿管、尿が出にくいなど(泌尿器系の症状)

水分を多く摂ったわけではないのに、トイレが近かったり、排尿しても残っている感じがしたりします(残尿感)。緊張するとトイレに行きたくなるように、排尿も自律神経と関わりがあります。



9.  生理不順、外陰部のかゆみ、インポテンツなどの性機能障害など(生殖器系の症状)

ストレスによる生理不順は、ほとんどの女性が経験するほどよく見られる症状です。男性の場合は、性欲の減退やインポテンツがあります。これらはホルモン分泌をつかさどる視床下部が、自律神経の中枢でもあるので影響を受けやすいのです。



10.  しびれなどの知覚異常、冷え、ほてり、ふらつきなど(手足の症状)

手足がしびれたり、鈍い痛みを感じたりします。また、手や足の先が冷えたり、ほてったりすることがあります。自律神経の交感神経と副交感神経のバランスが悪くなるためです。



11.  こり、張り、関節のだるさ、力が入らない(筋肉・関節の症状)

肩や首のひどいこりや張りもよく見られます。また膝などの関節がだるくなることがあります。これらは、イライラなど精神的な影響による血行不良が原因です。



12.  皮膚や粘膜の乾燥、多汗、脱毛、かゆみ(その他の症状)

手足などの皮膚がカサカサに乾燥したり、かゆみを感じたりします。また、髪の毛が抜けたりすることもあります。これらは、緊張(ストレス)などが原因で自律神経が乱れて症状がでます



自律神経失調症は、症状によっては別の病名で呼ばれる?

症状の元をたどれば自律神経失調症にたどりつく

 自律神経失調症と思われる症状でも、特定の臓器や器官に限って強く現れた場合には、別名がつけられます。たとえば、メニエール病や夜尿症・円形脱毛症などの病名は広く知られています。メニエール病は激しいめまいがおこる耳の病気で、夜尿症はいわゆるおねしょのこと、円形脱毛症は髪の毛が抜ける皮膚病として扱われています。


 しかし、これらは自律神経のアンバランスによる症状であり、精神的なストレスや不安が要因の自律神経失調症に一種ということができます。また、乗り物酔いもれっきとした自律神経失調症で平衡感覚をつかさどる内耳が乗り物の振動による刺激や緊張などのストレス刺激を受けることにより、自律神経がバランスを崩したものです。この他にも、気管支ぜんそくや神経性下痢・過敏性大腸症候群・胆道ジスネジーなどちゃんとした病名をもっていても、実は自律神経失調症の仲間や子分の病気は多くあります。


こんなにいる!?自律神経失調症の仲間たち

呼吸器系
  • 過呼吸症候群」突然に呼吸が荒くなり、酸欠状態のように息苦しくなる症状。

  • 気管支喘息」アレルギー疾患の1つだが、副交感神経が過度に緊張して発作が起こる。

神経系
  • 片頭痛」こめかみのあたりが波打つようにズキズキと痛む症状。

  • 緊張性頭痛」後頭部に鈍痛があり、ひどくなると頭全体が締め付けられるように痛む症状。

婦人科系
  • 更年期障害」閉経の前後数年間の更年期に、女性ホルモンの分泌変調によって起こるもので、症状は様々。

消火器系
  • 神経性下痢」食べ物ではなく疲労やストレスなどが原因で、すぐに下痢を起こす症状。

  • 過敏性大腸症候群」神経性の下痢や便秘を繰り返す症状。

  • 胆道ジスキネジー」腹部に差し込みのような激しい痛みを起こす症状。

  • 神経性嘔吐症」思いあたる原因がないのに、たびたび嘔吐したり吐き気を催したりする症状。

口腔系
  • 口内異常感症」口の中が異常に乾く、味覚がおかしい、不快な感じがするといった異常感が特徴。

  • 舌痛症」傷ついてるわけでもないのに、舌の先がピリピリと痛んだり、違和感を覚えたりする症状。

  • 顎関節症」口を開けるとあごの関節がカクッと鳴ったり、痛みを感じて開きにくかったりする症状。

循環器系
  • パニック障害」心電図などには異常がないのに、突然の動悸、息切れ、胸痛、頻脈、呼吸困難などが起こる。

  • 不整脈」原因は色々あるが、疲労やストレスによる不規則な脈拍が起こる症状

  • 起立性失調症候群」急に立ち上がったり姿勢を変えたりしたときに、立ちくらみめまいを起こす。

  • 起立性調節障害」起立性調節症候群と同じようなもので、特に思春期に起こることが多い。

耳鼻咽喉系
  • めまい」体がフラフラするようなめまいや立ちくらみで、耳や脳に異常がないのに起こる症状。

  • メニエール病」天井がグルグル回るようなめまいが特徴で内耳や前庭神経の異常が原因で起こる症状。

  • 咽喉頭異常感症」咽頭や食道に異常はないのに、のどの辺りにつまった感じや圧迫感を感じる症状。

  • 乗り物酔い」乗り物に酔いやすいのは体質的なものといわれるが、自律神経の機能低下によっても起こる症状。

皮膚系
  • 円形脱毛症」頭髪に円形の部分的な脱毛が起こるもの。大きさや数には、個人差がある。

  • 発汗異常」暑くもないのに汗が流れるくらいに吹き出す症状。更年期の女性に多くみられる。

  • 慢性じんましん」アレルギー症状の1つだが精神的ストレスなどによって現れる。

泌尿器系
  • 神経性頻尿」膀胱や腎臓に異常がないのに症状が現れる。


自律神経とは

自律神経とはどんな神経なのか?

 自律神経とは、自分の意思とは関係なく、各器官の必要に応じて動きます。つまり私たちがわざわざ指令を出さなくても、必要に応じて働いてくれる神経です。例えば、食べ物が口から体内に入ると胃や腸が動きだしたり気温が高くなると自然に汗が出てきたりする他、緊張すると鼓動が速くなるのもこの自律神経が自動的に働くからです。自律神経がバランスよく働くことにより、私たちの体は正常に機能しているのです。


自律神経には「交感神経」「副交感神経」2つの神経がある

 「交感神経」の働きは、労働・闘争・運動・ストレスを感じている時に働きます。一方「副交感神経」の働きは、休む・寝る・くつろぐ・内臓が動いている時・リラックス等に働いています。副交感神経は主に体の修復をしてくれています。自律神経は、活動する神経(交感神経)と休息する神経(副交感神経)で成り立っています。しかし、ストレスが多い状態が長く続くと活動する交感神経が副交感神経よりも優位に働きます。


 例えば、激しく体を動かすと交感神経が興奮して心臓の鼓動を激しくさせます。しかし、心臓はいつまでも高鳴ったままではいられません。そこで副交感神経が作動して、心臓の鼓動を抑えるのです。胃や腸の場合は心臓とは逆で、交感神経が興奮すると運動が抑えられ、副交感神経が作動すると消化・吸収のために動きが活発になります。


自律神経が乱れる理由

 ではなぜ、交感神経と副交感神経のバランスが崩れると調節が乱れるのでしょうか?自律神経は非常にデリケートに出来ていて、生活のリズムや感情の変化によっても刺激を受けます。そのため急激な変化が起こると、交感神経と副交感神経との微妙なバランスがうまく保たれなくなることがあります。


 自律神経のメカニズムからすると、昼間は活動の為に交感神経が働き、夜になれば休息するために副交感神経が働くのが正常な状態です。ところが夜更かしばかりが続くと、2つの神経の切り替えがうまくいかなくなり、不整脈や狭心症の発作を招く場合があります。


 また、バランスを失った自律神経は体温や食欲の調節をしなくなり体がほてったり冷えたり、食べ過ぎたり食べられなくなったりということも起こります。
さらに、自律神経はホルモン分泌とも密接な関係があり、特に更年期の女性は自律神経失調症になりやすいのです。


自律神経失調症の原因とは?

 自律神経失調症やうつ病になる原因は、もっとも大きな原因となっているのがストレスです。ストレスがひどく多い状態が長く続くと自律神経が乱れ、自律神経失調症やうつ病になります。横浜アーク整体院では、自律神経失調症の原因であるストレスを5つに分けて考えています。


1.  精神的ストレス

規制や強制などに対する精神的負担、不安、恐怖、挫折、など



2.  肉体的ストレス

筋肉の緊張、骨格のゆがみなど



3.  物理的ストレス

温度の変化、気圧の変化、アレルギーなど



4.  身体的ストレス

栄養素の過剰や不足、たばこ、アルコール、科学物質など



5.  テクノストレス

パソコン、携帯電話(スマホ)、ゲームなど



 1つのストレス源がどの程度のストレスを生み出すかは個人の考え方や性格、不規則な生活習慣などによって大きく変わります。このようにストレスが溜まって限界を超えると自律神経のバランスが崩れます。


自律神経失調症の対策

 自律神経失調症の対策としては、自律神経の乱れを引き起こさないような食生活と悪化させないような生活習慣が重要になってきます。具体的な自律神経失調症の対策としては、以下のようなことが必要になります。


  1. カフェインを摂らない(コーヒー、紅茶、お茶、コーラ、栄養ドリンク、チョコレート)

  2. 辛いものは摂らない(唐辛子、キムチ、七味、タバスコ)

  3. 甘い物はなるべく避ける

  4. 疲れたら休養する

  5. 睡眠時間を増やす


 カフェイン・辛いものは、交感神経をさらに刺激してしまい、少なくなった身体エネルギーを使い果たそうとしてしまいます。このようなものは自律神経症状をさらに悪化させてしまうため、摂取しないほうが良いでしょう。また、甘い物を空腹時に食べると血糖値が急激に上がってしまい、体調が悪くなる原因になるので空腹時には食べないようにしましょう。このように自律神経を乱れを悪化させない食生活と休養が、自律神経失調症の対策として重要になってきます。


自律神経失調症の治療法

自律神経失調症の治療法は、以下のようなことを行っていきます。


  • 生活習慣のアドバイス(生活改善と栄養指導)

  • 整体療法(頭蓋骨調整、内臓調整、血液、リンパ液、脳脊髄液3つの液の調整など)

  • 心理カウンセリング


 身体の状況や生活習慣は、人それぞれ異なります。横浜アーク整体院では、栄養バランス・睡眠の取り方・食事の量や回数・お風呂の入り方など、生活習慣を具体的に指導いたします。


 自律神経の乱れによって起こる自律神経失調症の症状は、自分では気がつきにくいものです。辛い症状でお悩みであれば、まずはお気軽にお問い合わせください。


ご予約・お問い合せはこちら

横浜市港南区港南台4-7-29 
サウスポートヒルズA201

【土日営業】【予約制】【第2水曜定休】

*


あわせてお読みください。

  • 施術の流れ

  • スタッフ紹介

  • 当院までのアクセス



今ならHP見たで、初見料が無料!

起立性調節障害を克服するための5つの秘訣

自律神経専門情報

症状改善後の再発防止に「自律神経バランスプログラム」

うつ病・自律神経失調症・パニック障害のための「無料カウンセリング講座」

早期回復・再発防止のための、自律神経を整える「無料の腹式呼吸法講座」

横浜アーク整体院の「3つの約束」

症例集

スタッフ紹介

患者さんの声

お問い合わせ

横浜アーク整体院

横浜アーク整体院の外観

〒234-0054
横浜市港南区港南台4-7-29
サウスポートヒルズA-201
tel. 045-873-0906


休診日:第2水曜日
受 付:09:30 - 20:00
※ 月木のみ18:30まで

 アクセス


 PageTop


copyright (C) 横浜で整体をお探しなら「横浜アーク整体院」. All Rights Reserved.