線維筋痛症の原因と治療法、対策について

横浜市港南区港南台4-7-29 
サウスポートヒルズA201

【土日営業】【予約制】【第2水曜定休】

  1.  » 
  2.  » 線維筋痛症
Information
自律神経失調症がスッキリ」という声を追加しました。

線維筋痛症

なぜあなたの「線維筋痛症」は改善しないのか?

線維筋痛症の原因や治療法、対策までをご説明いたします。

 くすりを飲んでいても一向に「線維筋痛症」が改善しない方、諦めないでください。あなたは、線維筋痛症を改善させる整体療法をご存知でしょうか?


 これから効果実証済みの「線維筋痛症を改善に導く整体療法」についてご説明していきます。数年「線維筋痛症」で悩んでいた方も、横浜アーク整体院の「線維筋痛症を改善に導く整体療法」を受けて改善されています。


あなたの「線維筋痛症」改善されない3つの理由

 これからお話しすることはとても重要です。あなたの辛い「線維筋痛症」が改善しな理由は、以下の3つが考えられます。


  1. 身体が緊張して歪みがあるから(からだのストレス)

  2. 心の問題が解決していから(こころのストレス)

  3. 自律神経が乱れているから(からだのストレス)


 線維筋痛症に関係する上記の問題は、薬だけで解決することは難しいです。なぜならば、あなたの「からだ」と「こころ」を苦しめている最大の原因は、さまざまなストレスだからです。線維筋痛症は、ストレスが要因で自律神経が乱れ発症すると考えられます。


線維筋痛症に関係する症状

 線維筋痛症は、基本的に以下のような自律神経にまつわる特有の症状が出てきます。


消化器系

 過敏性腸症候群、胃もたれ・胃の痛み、胸やけ、ゲップ、飲み込みずらい、お腹が張る、肛門痛


呼吸器・循環器系

 睡眠時無呼吸症候群、3週間以上続く咳、胸がズキズキ痛い、圧迫感がある


神経内科系

 自律神経失調症、緊張型頭痛、偏頭痛、首から肩・腕・背部などにかけての痛みしびれ感など、こむら返り、むずむず足症候群、慢性疲労症候群


婦人科系

 月経困難症、更年期障害、生理痛、過多月経、無月経、性交痛、不妊


泌尿器科系

 頻尿・尿が出にくい、残尿感、会陰部痛、勃起不全


耳鼻科系

 眩暈、耳鳴、自分の声が大きく聞こえる、のど周辺の不快感、 味覚異常


眼科系

 眼精疲労、強い光を受けた際の不快感や眼の痛み、ドライアイ


歯科・口腔外科系

 顎関節症、舌痛症、ドライマウス、歯周炎


精神疾患

 うつ病、統合失調症、ヒステリー


小児

 問題行動


線維筋痛症とは

 線維筋痛症は、全身の痛みに特徴のある病気ですが、その症状は実に多彩です。痛みが生じることを「疼痛(とうつう)」といいますが、疼痛の中には腱や靭帯の痛み、関節の痛み、筋肉の痛み、全身性の痛みといった種類があります。また、口内炎、皮膚のかゆみ、疲労、冷え、ほてり、動悸、いびき、不眠、生理痛といった「身体症状」を伴うこともあります。


線維筋痛症の原因

 線維筋痛症の原因は、様々なストレスにより乱れた自律神経が原因です。線維筋痛症の原因となるストレスとは、全部で5つあります。原因が分からなければ「線維筋痛症」は治りません。以下で線維筋痛症の原因となる、5つのストレスとはどのようなものかご説明いたします。


  1. 「精神的ストレス」・・・嫌なこと、嫌いなこと、不安、恐怖、挫折など

  2. 「肉体的ストレス」・・・身体の緊張、筋肉、骨格の歪みなど

  3. 「物理的ストレス」・・・温度変化、気圧の変化、アレルギーなど

  4. 「身体的ストレス」・・・カフェイン、栄養の過不足など

  5. 「テクノストレス」・・・パソコン、携帯電話(スマホ)、タブレットなど


 1つのストレスがどの程度のストレスを生み出すかは個人の考え方、性格、不規則な生活償還などのよって大きく変わります。ストレスがひどく多い状態が長く続くことにより「自律神経のバランス」が乱れ、線維筋痛症の症状が起こるのです。


線維筋痛症と自律神経の関係

 では、簡単に自律神経の働きから説明します。自律神経は、2つあります。1つ目は、日中働く神経である「交感神経」です。2つ目は、夜間働く神経である「副交感神経」です。


 自律神経は、この2つが働くシステムになっています。交感神経は、動いてる時、ストレスを感じている時などに働きます。副交感神経は、リラックスしている時、体の回復過程にも働きます。


 では、なぜ自律神経が乱れてしまうのか?それは限界を超えたストレスが原因で乱れてしまいます。ストレスを感じてると交感神経が過剰に働きすぎて自律神経が乱れてしまいます。


 線維筋痛症は、自律神経の交感神経が過剰に働いている状態です。自律神経が乱れることで線維筋痛症を発症し、さまざまな自律神経症状がでてきます。


線維筋痛症の治療法と、改善に導く対策

 横浜アーク整体院における線維筋痛症を改善させる治療について説明します。


1. からだの緊張をとる整体

 筋肉、筋膜、骨格、血液の調整


2. 自律神経の乱れを整える整体

 頭蓋骨、内臓、脳、脳脊髄液の調整


3. ココロの問題を解決

 心理カウンセリング療法


線維筋痛症改善に導く5つの対策

  1. カフェインを摂らない

  2. 辛い物を避ける

  3. 甘い食べ物を避ける

  4. 激しい運動はやらないようにする

  5. パソコン、携帯(スマホ)タブレットをやらないようにする


辛い線維筋痛症でお悩みの方は、横浜アーク整体院までお問い合わせ下さい。

 線維筋痛症を改善させる根本治療については、横浜アーク整体院の「線維筋痛症」のプロフェッショナルにお任せください。あなたの身体の自律神経を整えて、脳の誤作動や内臓機能を改善させて元に戻していく治療を行っていきます。


 具体的には、からだの緊張をとる整体で「血液の循環をよくします」筋肉の緊張や骨格を整えることで血管を拡げ全身の血流をよくすることによって冷えなどを改善させます。


 「自律神経の乱れも調節します」その他にも頭蓋骨・内臓・横隔膜・硬膜・脳脊髄液などの改善をさせます。


 「こころの問題を解決します」ストレスとなる過去のトラウマや考え方(ネガティブ)を「心理カウンセリング」で解決します。


 横浜アーク整体院の線維筋痛症を治す整体法は、15年の臨床経験を元にした実績と成功例で自律神経の乱れを正常な状態に戻し改善に導きます。自律神経の問題を解決することによって多くの線維筋痛症の患者さんが改善されています。


 辛い線維筋痛症の症状でお悩みであれば、まずはお気軽にお問い合わせください


 線維筋痛症の専門家による無料相談


ご予約・お問い合せはこちら

横浜市港南区港南台4-7-29 
サウスポートヒルズA201

【土日営業】【予約制】【第2水曜定休】

*


あわせてお読みください。

  • 施術の流れ

  • スタッフ紹介

  • 当院までのアクセス



今ならHP見たで、初見料が無料!

起立性調節障害を克服するための5つの秘訣

自律神経専門情報

症状改善後の再発防止に「自律神経バランスプログラム」

うつ病・自律神経失調症・パニック障害のための「無料カウンセリング講座」

早期回復・再発防止のための、自律神経を整える「無料の腹式呼吸法講座」

横浜アーク整体院の「3つの約束」

症例集

スタッフ紹介

患者さんの声

お問い合わせ

横浜アーク整体院

横浜アーク整体院の外観

〒234-0054
横浜市港南区港南台4-7-29
サウスポートヒルズA-201
tel. 045-873-0906


休診日:第2水曜日
受 付:09:30 - 20:00
※ 月木のみ18:30まで

 アクセス


 PageTop


copyright (C) 横浜で整体をお探しなら「横浜アーク整体院」. All Rights Reserved.