「プレ更年期障害」と「更年期障害」との違いや、その原因・治療法について

横浜市港南区港南台4-7-29 
サウスポートヒルズA201

【土日営業】【予約制】【第2水曜定休】

  1.  » 
  2.  » プレ更年期障害
Information
不登校が原因で頭痛・イライラ」という声を追加しました。

プレ更年期障害

あなたの不調の原因は「プレ更年期障害」からくるものかもしれません。

プレ更年期障害に詳しい横浜アーク整体院の小見山

 近年30代後半から40代前半の女性で「更年期障害」と似た症状が起こるケースが増えております。横浜アーク整体院では、「プレ更年期障害」の症状は自律神経の調節をすることで改善すると考えております。


 本気で治したいという気持ちがある方は、このページをよくご覧になってください。あなたがプレ更年期障害を、本気で「治したい」と思っているなら「横浜アーク整体院」は、全力でサポートいたします。


プレ更年期障害とは

以下に該当する方は、プレ更年期障害の可能性があります。

  •  ほてりやのぼせ・発汗などの症状が辛い

  •  疲れやすく、だるいなどの不調も強い

  •  些細なことで「イライラ」して気持ちが抑えられない

  •  いろいろ検査をして、病気がないのに体に強い痛みや不快感がある

  •  以前にうつ病や躁うつ病にかかったことがある


ホルモンの減少が様々な不調を招く

 女性ホルモンを分泌している卵巣は、加齢とともに機能が低下。40歳前後からホルモンの分泌量が減ってきます。この頃がいわゆる「プレ更年期」で、体調の変化を感じやすいときです。


 年齢ともにホルモンは下降曲線をたどり、やがて閉経(日本人女性の平均閉経年齢は50~51歳)を迎えますが、その前後の10年間、およそ45~55歳を「更年期」と呼びます。ホルモン減少により、肉体的にも精神的にも不安定になって、様々な自律神経症状が起こりやすくなります。


「プレ更年期障害」と「更年期障害」の違い

  • 「プレ更年期障害」…30代から40代半の時期に起こる体と心の不調

  • 「更年期障害」…40代後半から50代後半の時期に起こる体と心の不調


プレ更年期障害の症状

疲れやすい・だるい・肩こり。腰痛・頭痛・目の疲れ・のぼせ・ほてり・多汗・冷え・不眠・のどのつかえ・高血圧・肌のかゆみ・めまい・耳鳴り・トイレが近い・尿漏れ・関節痛・しびれ・太りやすい・便秘・動悸・息切れ・薄毛・イライラ・うつ症状


プレ更年期障害の原因

なぜ「プレ更年期障害」になってしまうのか?

プレ更年期障害の原因についてご説明します。

 プレ更年期の原因は、更年期の原因である急激な卵巣機能の老化ではありません。更年期前に訪れる卵巣機能低下と様々なストレスが重なり、女性ホルモンの乱れによって起こります。女性ホルモンと呼ばれるエストロゲンとプロゲステロンは卵巣から分泌されます。


 卵巣は自律神経の中枢でもある視床下部(脳)からの指令を受けてそのホルモン分泌量を調節しているのです。女性ホルモンのバランスの乱れと自律神経の崩れにより、ほてりや頭痛・動悸・不安感・イライラ・うつ症状などの精神症状まで様々な不調が現れるのです。


プレ更年期障害のタイプ1

あなたは「イライラ」タイプ?それとも「うつうつ」タイプ?

 怒りっぽく(イライラ)、落ち込みやすい(うつうつ)になるかは、その人が置かれた環境=受ける様々なストレスによっても大きく影響されます。さらにその日の体調にも左右され、感情が極端に揺れ動くのもプレ更年期の特徴です。


「イライラ」タイプ

イライラを引き起こしやすいのは、仕事や家族・育児などです。このタイプの方は反発心を抱かせるため、怒りの感情が沸きやすくなるのが特徴です。


「イライラ」になりやすいストレスとは

  • 反抗期の子どもとの衝突

  • 仕事のプレシャー

  • 介護

  • 夫婦との不仲


「イライラ」に多い症状とは

頭痛・のぼせ・ほてり・発汗・高血圧・手足の冷えなど


プレ更年期障害のタイプ2

「うつうつ」タイプ

うつうつを引き起こしやすいのは、心の支えや自信の喪失、夫からの重圧などです。悲しみや喪失感、自己否定など強く感じさせて意欲を失わせるため、落ち込みやすくなります。


「うつうつ」になりやすいストレスとは

  • 夫の高圧的な態度

  • 仕事での失意

  • 子どもの巣立ち

  • ペットロス


「うつうつ」に多い症状

不眠・疲れやすい・だるい・太りやすい・全身の冷えなどが考えられます。


プレ更年期障害の対策

 プレ更年期障害の対策としては、自律神経の乱れを引き起こさないような生活習慣が重要になってきます。具体的なプレ更年期障害の対策としては、以下のようなことが必要になります。


  • カフェインを摂らない(コーヒー、紅茶、お茶、コーラ、栄養ドリンク、チョコレート、ココア)

  • 辛いものは食べないようにする(唐辛子、キムチ、七味、タバスコ)

  • 腹式呼吸をする

  • 疲れたら早めに休養する

  • 睡眠時間をできるだけ増やす


 カフェイン・辛いものは、交感神経をさらに刺激してしまい、少ない身体エネルギーを使い果たしてしまいます。カフェイン・辛いものは自律神経症状をさらに悪化させてしまうため、摂取しないほうが良いでしょう。


 また、甘い物を空腹時に食べると、血糖値が急激に上がってしい体調が悪くなる原因になるため空腹時には食べないようにしましょう。このように自律神経を乱れを悪化させない生活習慣が、プレ更年期障害の対策として重要になってきます。


横浜アーク整体院の「プレ更年期障害」を改善させる治療法とは

自律神経のプロフェッショナルにお任せください。

  • 「自律神経の治療」…脳と頭蓋骨を中心に治療する。

  • 「内臓の治療」…卵巣機能低下を改善させるために(卵巣付近の動脈や膜の治療)

  • 「精神の治療」…専門家による心理カウンセリング


プレ更年期障害にお悩みの方は横浜アーク整体院までお気軽にご相談ください。


 横浜アーク整体院はこの自律神経の調整を得意とする整体院です。自律神経の中枢である脳室・頭蓋骨をはじめ、自律神経とはとても関わりの深い内臓・硬膜・隔膜・脳脊髄液などの、神経症状を改善させる専門的な施術を行っております。


 横浜アーク整体院の施術をうけることで辛いプレ更年期障害の原因である、自律神経を整えることが出来ます。また、心理カウンセリングの専門家もいるため、カラダだけでなく、ココロのサポートも万全です。なかなか改善されない「プレ更年期障害」の症状をお持ちの方は、横浜アーク整体院までお気軽にご相談ください。多くの患者さんがその効果を実感され、回復されております。


 プレ更年期障害の専門家による無料相談


ご予約・お問い合せはこちら

横浜市港南区港南台4-7-29 
サウスポートヒルズA201

【土日営業】【予約制】【第2水曜定休】

*


あわせてお読みください。

  • 施術の流れ

  • スタッフ紹介

  • 当院までのアクセス



今ならHP見たで、初見料が無料!

起立性調節障害を克服するための5つの秘訣

自律神経専門情報

症状改善後の再発防止に「自律神経バランスプログラム」

うつ病・自律神経失調症・パニック障害のための「無料カウンセリング講座」

早期回復・再発防止のための、自律神経を整える「無料の腹式呼吸法講座」

横浜アーク整体院の「3つの約束」

症例集

スタッフ紹介

患者さんの声

お問い合わせ

横浜アーク整体院

横浜アーク整体院の外観

〒234-0054
横浜市港南区港南台4-7-29
サウスポートヒルズA-201
tel. 045-873-0906


休診日:第2水曜日
受 付:09:30 - 20:00
※ 月木のみ18:30まで

 アクセス


 PageTop


copyright (C) 横浜で整体をお探しなら「横浜アーク整体院」. All Rights Reserved.