身体化障害(身体性表現障害)の原因と治療法について

横浜市港南区港南台4-7-29 
サウスポートヒルズA201

【土日営業】【予約制】【第2水曜定休】

  1.  » 
  2.  » 身体化障害(身体表現性障害)
Information
自律神経専門情報に「食欲不振と自律神経」のページをを追加しました。

身体化障害(身体性表現障害)

なぜ、あなたの身体化障害(身体性表現障害)が改善しないのか?

*

 身体化障害が改善しないのには、以下のような3つの理由が考えられます。


  1. 骨格が歪み緊張した状態だから(からだのストレス)

  2. 心の問題が解決していから(こころのストレス)

  3. 自律神経が乱れている状態だから(からだのストレス)


 この上記の問題は「薬やカウセリングだけでは解決」することが難しいです。


 何故なら、あなたの「からだ」と「こころ」を苦しめている身体化障害の最大の原因は、さまざまなストレスであるからです。その原因であるストレスにより、自律神経が乱れることで身体化障害が発症しているのです。


身体化障害(身体性表現障害)の症状

 身体化障害は、基本的に以下のような自律神経にまつわる特有の症状が出てきます。


からだの症状

 身体の痛みやしびれ・吐き気・胃腸障害・めまい・ふらつき・便秘・下痢・げっぷ・性的症状・飲みにくい など


こころの症状

 ヒステリー・イライラ・不安感・落ち込み など


身体化障害(身体性表現障害)とは

 身体化障害(身体性表現障害)と診断されるには、以下のような4つポイントが挙げられます。


  1. 痛みの箇所が特定せずに、不安定で、長期に渡る

  2. 痛みや不調の訴えが明確でなく大袈裟であることが多い(表現できないような痛み、とか、想像できる最悪の痛み、などと表現する)

  3. 検査結果に異常がないと言われると、見捨てられた気分になる

  4. 症状を訴えてもわかってもらえないと、激怒することがある


身体化障害(身体性表現障害)とはどんな病気なのか?

 身体的な疾患や異常がないにもかかわらず、さまざまな自律神経症状が身体化障害・転換性障害・疼痛性障害・心気症・身体醜形障害などの精神疾患が含まれ生活に支障をきたすことをいいます。


 病院の検査では体の異常が認められないのに、痛みや不調などの自覚症状がある状態を、身体表現性障害と言います。そのうちの1つである身体化障害は、女性に多く発症し、体の痛み、胃腸の不調、生理不順などが主な症状です。


 仮病ではなく、本人は本当に痛みや不調を感じていて、何か大変な病気にかかっているはずだと思い込んでいます。そのため、検査で異常がないと言われると病院を変えることを繰り返し、身体化障害の症状はなかなか改善されません。


 病院通いの為に仕事がおろそかになったり、病状の説明に終始して周りとのコミュニケーションがうまくいかなくなる事が多く、引きこもりや、うつ状態に移行することもあります。


身体化障害(身体性表現障害)の原因

 身体化障害(身体表現性障害)になる原因は、もっとも大きな原因となっているのがストレスです。ストレスがひどく多い状態が長く続くと自律神経が乱れ、身体化障害(身体表現性障害)になります。


 横浜アーク整体院では、身体化障害の原因となるストレスを以下の5つに分けて考えています。


  1. 「精神的ストレス」・・・規制や強制などに対する精神的負担、不安、恐怖、挫折、など

  2. 「肉体的ストレス」・・・筋肉の緊張、骨格のゆがみなど

  3. 「物理的ストレス」・・・温度の変化、気圧の変化、アレルギーなど

  4. 「身体的ストレス」・・・栄養素の過剰や不足、たばこ、アルコール、科学物質など

  5. 「テクノストレス」・・・パソコン、携帯電話(スマホ、タブレット) など


 1つのストレス原がどの程度のストレスを生み出すかは個人の考え方や性格、不規則な生活習慣などによって大きく変わります。このようにストレスがたまって限界をこえると自律神経のバランスが崩れ、身体化障害(身体表現性障害)が発症します。


身体化障害(身体表現性障害)の対策

睡眠をしっかり取る

 身体化障害の方は、お仕事が休みの日などはしっかりと寝てください。


疲れたら休養する

 からだを休めることによって自律神経の副交感神経(からだを回復してくれる神経)が働き症状を安定させます。


入浴はぬるめのお湯にする

 入浴は全身の血行をよくし新陳代謝を高めてくれます。身体化障害 方は、熱めのお湯に長湯したり、肩までつかるのは、血圧や心臓に負担をかけてしまいます。胸から下だけ湯につかる「半身浴」がおすすめです。夏場でもシャワーでけで済まさず、38度~40度くらいのぬるめのお湯にゆっくりつかるようにしましょう。


カフェインを取らない

 「コーヒー、紅茶、お茶、栄養ドリンク、コーラ、チョコレート」を撮らない。 カフェインを取ると自律神経の(交感神経)が過剰に働てしまうことによって、からだのエネルギーを使い果たそうとする働きをしてしまいます。そのためからだにエネルギーが無くなってしまい耳鳴りが悪化する原因となります。


身体化障害(身体表現性障害)の治療法

 横浜アーク整体院における身体化障害(身体表現性障害)を改善させる治療について説明します。


からだの緊張をとる整体

 筋肉の緊張による痛みがあるとストレスとなり、自律神経を乱す原因となります。そのため速やかに「痛みを軽減させる」必要があります。そして、筋肉・の緊張を緩めて血管を拡げることによって「血液の循環」がよくなります。全身の血流が良くなることによってなども耳鳴り改善につながります。


こころの問題を解決

 心理カウンセリングによって、ストレスとなる性格・考え方(ネガティブ思考)が解決します。


自律神経を調整する整体

 脳室・頭蓋骨・内臓・隔膜・脳脊髄液などを調整する施術を受けることで、自律神経のバランスを整えることが出来ます。


*

 横浜アーク整体院の身体化障害(身体表現性障害)を治す整体法は、15年の臨床経験を元にした実績と成功例で自律神経の乱れを正常な状態に戻し改善に導きます。自律神経の問題を解決することによって多くの身体化障害の患者さんが改善されています。


 辛い身体化障害(身体表現性障害)の症状でお悩みであれば、お気軽にお問い合わせください


 身体化障害(身体表現性障害)の専門家による無料相談


ご予約・お問い合せはこちら

横浜市港南区港南台4-7-29 
サウスポートヒルズA201

【土日営業】【予約制】【第2水曜定休】

*


あわせてお読みください。

  • 施術の流れ

  • スタッフ紹介

  • 当院までのアクセス



今ならHP見たで、初見料が無料!

起立性調節障害を克服するための5つの秘訣

自律神経専門情報

症状改善後の再発防止に「自律神経バランスプログラム」

うつ病・自律神経失調症・パニック障害のための「無料カウンセリング講座」

早期回復・再発防止のための、自律神経を整える「無料の腹式呼吸法講座」

横浜アーク整体院の「3つの約束」

症例集

スタッフ紹介

患者さんの声

お問い合わせ

横浜アーク整体院

横浜アーク整体院の外観

〒234-0054
横浜市港南区港南台4-7-29
サウスポートヒルズA-201
tel. 045-873-0906


休診日:第2水曜日
受 付:09:30 - 20:00
※ 月木のみ18:30まで

 アクセス


 PageTop


copyright (C) 横浜で整体をお探しなら「横浜アーク整体院」. All Rights Reserved.