光が眩しく感じるようなときは自律神経の乱れによるもの?

横浜市港南区港南台4-7-29 
サウスポートヒルズA201

【土日営業】【予約制】【第2水曜定休】

  1.  » 
  2.  » 光が眩しく感じたら自律神経の乱れのサイン?
Information
朝起きれるようになった」という患者さんの声を追加しました。

光が眩しく感じたら自律神経の乱れのサイン?

光がまぶしく感じる症状とは

 あなたは、光がやたらとまぶしいと感じたことがありますか? 自律神経が乱れていると朝起きた時に、まぶしくて目が開けられなかったりスマートフォンやパソコンを扱っていると明るさを下げないと見れないようになったなど、光に対して異様に過敏になってしまったということがあります。


 光がまぶしくなるというような症状そのものは日常生活を送るのにそこまで問題にならないため、特に気にしていないという方も多いかもしれません。


 しかしこれはストレスが普段以上に溜まっているという自分の身体からのサインであり、放置しておくと身体に様々な異常が起こってしまいます。


 まず光が極端にまぶしくなるような症状が出てしまった時には、自分の置かれている状況を見直し、これ以上悪化させないためにどういった行動を取ればよいのか自分自身で判断しなければならないのです。


光がまぶしく感じる原因

何故、光がまぶしく感じるのか

 今まで何ともなかった光が、何故まぶしく感じるようになってしまったのか。この状況になってしまうのは、瞳孔が普通の時より開いてしまっているためです。


 通常、瞳孔は必要以上に光が入ってくる場合瞳孔が閉じるように調節されます。逆の動作として周囲が暗いと瞳孔が開いて、光を吸収するようにします。状況に合わせて目に入る光の量を調節しているのです。


 しかし自律神経が乱れているため、この調節が正常に機能していないのです。なので本来瞳孔が閉じる程度の光が目に入ってきても瞳孔が閉じず、ずっと開いた状態のままになってしまうのです。


 普段は全くまぶしいとは感じなかったのに、最近になってまぶしく感じるようになったという場合は、自律神経失調症かそれになりかけている状態なのです。


瞳孔が開く原因

 このように瞳孔が開いたままになってしまう最大の原因としては、溜まり過ぎたストレスにあるのですが、このストレスによって問題が起きてしまうのが、内臓の一つである腎臓の隣側にある副腎です。


 副腎はストレスを受けると、ストレスホルモンというストレスに対抗するための七種類のホルモンを分泌させます。この中の一つにアルドステロンという名称のストレスホルモンが存在します。


 主な作用として、腎臓内にあるナトリウムや水分の再度吸収促進や尿内におけるカリウムの排泄の促進が行われていきます。しかしストレスが掛かり過ぎてしまうと、このアルドステロンの量が不足してしまいます。


 だから何の問題があるのかとあなたは思っているかもしれませんが、瞳孔の調節に問題が起こってしまうのはアルドステロンが減少し過ぎて、細胞内のカリウムを排出できないことにあるのです。


 一般的に、カリウムが過剰でナトリウムが不足している状態のときに瞳孔が開き続けているとされています。カリウムを排出できないと細胞内のカリウムの濃度がどんどん高まってしまいます。


 カリウムは、神経伝達物質という自律神経に様々な影響を及ぼす物質の原料の一つであるミネラルであり、これが不足すると高血圧・糖尿病・精神障害・消化不良・筋力低下を招きます。


 ですが、逆に過剰になってしまうと筋肉の働きが悪くなって身体に力が入り辛く、脱力感を感じるようになってしまいます。このため瞳孔の収縮にも影響を与えるので、瞳孔が閉じずに開いたままになってしまうのです。


 さらに副交感神経への働きも抑制してしまうため、自律神経失調症を悪化させてしまう可能性もあります。


光がまぶしく感じる症状の対策について

自律神経の乱れを抑える方法とは

 基本的にはストレスによってアルドステロンが減少してしまっているので、ストレスを溜め込まないように休息を取ることが必要になってきます。


 今まで何かしらの無理や我慢をし続けてきて、ストレスが溜まり過ぎて自律神経が乱れてしまったのが一番の原因です。ストレスを解消できれば状態も多少改善されます。


 次にしなくてはならないのが光を抑えることです。何もしないでそのままにしておくと、必要以上に目に光が入り続けてしまいます。そうなってしまうと、光によってさらに自律神経が乱れ交感神経が過剰に働き続けてしまいます。


光が眩しく感じてお悩みの方は、横浜アーク整体院までお気軽にお問い合わせください。

 自律神経失調症の場合は大半の方が交感神経優位になっているので、余計に交感神経の働きを助長してしまい症状の悪化につながってしまいます。テレビやパソコン・スマートフォンなどの電子機器の光量を下げたり、サングラスを付けたりするのが良いでしょう。


 ナトリウムが減少していることから、塩分の補給も必要です。ただし高血圧の方は危険ですのでこの方法はしないでください。料理などに多少多めに塩分を入れて普段より少ししょっぱい味を意識しましょう。


 あまり長期間続けると体調に影響してくる可能性もあるので、五日から一週間程度の間にしましょう。


 自律神経の専門家による無料相談


 自律神経専門情報の一覧


ご予約・お問い合せはこちら

横浜市港南区港南台4-7-29 
サウスポートヒルズA201

【土日営業】【予約制】【第2水曜定休】

*


あわせてお読みください。

  • 施術の流れ

  • スタッフ紹介

  • 当院までのアクセス



今ならHP見たで、初見料が無料!

起立性調節障害を克服するための5つの秘訣

自律神経専門情報

症状改善後の再発防止に「自律神経バランスプログラム」

うつ病・自律神経失調症・パニック障害のための「無料カウンセリング講座」

早期回復・再発防止のための、自律神経を整える「無料の腹式呼吸法講座」

横浜アーク整体院の「3つの約束」

症例集

スタッフ紹介

患者さんの声

お問い合わせ

横浜アーク整体院

横浜アーク整体院の外観

〒234-0054
横浜市港南区港南台4-7-29
サウスポートヒルズA-201
tel. 045-873-0906


休診日:第2水曜日
受 付:09:30 - 20:00
※ 月木のみ18:30まで

 アクセス


 PageTop


copyright (C) 横浜で整体をお探しなら「横浜アーク整体院」. All Rights Reserved.