夜の咳の原因と自律神経の関係や、その対処法について

横浜市港南区港南台4-7-29 
サウスポートヒルズA201

【土日営業】【予約制】【第2水曜定休】

  1.  » 
  2.  » 夜の咳の原因と自律神経
Information
朝起きれるようになった」という患者さんの声を追加しました。

夜の咳の原因と自律神経

「夜になると咳が出る」原因と対処法

 「日中は咳が出ていないのに、夜寝る前や、夜中、または明け方に、咳が出て眠りたいのになかなか寝入れない」そんな辛い症状を抱えている方はいませんか?その辛い夜の咳には自律神経が大きく関わっています。


夜の咳の原因と自律神経の関係

 自律神経には交感神経(動く神経)と副交感神経(休む神経)があります。この二つの神経は日内リズムがあり、一日の中でシーソーの様に上手にシフトチェンジしています。


 日中は交感神経(動く神経)が優位に働き、夕方から夜にかけてだんだんと副交感神経(休む神経)が優位に働き始めます。夜、寝る前には副交感神経が優位になります。休む時は必要な酸素量が活動中より少なくなるため、副交感神経が優位になると気道が縮んで空気の通る道が狭くなります。


 こうなると鼻水やたん、アレルギーをお持ちの方はアレルゲンが気管支等を刺激しやすくなります。健康であれば反応しない刺激にまで過敏に反応してしまうため、寝苦しい咳が出てしまうのです。この症状は気道過敏症という病名でも呼ばれています。


 本来、咳は異物やウィルスや細菌等、のどや気管についた悪いものを外に出そうとして起こる身体の生理的な防衛反応です。止めるのは良くないという考えもあります。


 しかしこうも激しく反応していてはゆっくり休むことが出来ません。休むどころか逆に体力を奪われてしまいます。


自律神経を調節することで、この辛い咳を抑えることができます。

 この様な症状を抱えている方は粘膜に慢性的な炎症があると考えられます。普段から交感神経が過度に優位になる方は身体に炎症反応が起こりやすくなっている状態です。


 自律神経が乱れる原因はストレスです。夜の咳は、もしかすると自分では気づいていない不安や緊張、イライラなどによって心のバランスが乱れている表れなのかも知れません。


 そうであるならば薬を使って症状を抑えたとしても、根本的な解決にはならないでしょう。咳の他に目が乾く、口が乾く、動悸がする、めまい、食欲が減った、お腹の調子が良くない、寝てもすっきりしない、こう言った症状はありませんか?


 これらはあなたの身体がストレスによって悲鳴を上げているサインです。自律神経を調節して身体のストレスレベルを下げてあげる必要があります。


交感神経と副交感神経の働き

交感神経と副交感神経、それぞれの働きの特徴を見ていきましょう。

  交感神経 副交感神経
気管

広げる

縮める

瞳孔

大きくなる

小さくなる

唾液腺

量が少なく濃くなる

量が多く薄くなる

涙腺

少なくなる

多くなる

心臓

拍動が早くなる

拍動が遅くなる

血圧

高くなる

低くなる

胃腸

活動を抑える

活動が活発になる

胃腸

活動を抑える

活動が活発になる


夜の咳を止めるための対処法

 夜の咳の原因と自律神経の関係がおわかりいただけたでしょうか。そのうえで急にストレスを減らしたり、自律神経の乱れを自分で正すことはなかなか出来ることではありません。そんな方のために、いますぐできる咳を止める対処法を幾つかご紹介します。


温かい飲み物

 ゆっくり時間をかけて飲んで、気管を温めましょう。蒸気がのどや気道を加湿してくれる効果もあります。ホットドリンクにはちみつを加えるのも良いでしょう。はちみつには咳止め効果、抗菌、抗ウィルス作用があります。咳に悩まされたときは夏でも温かい飲み物を飲むようにして下さい。


 冷たい飲み物は逆効果です。過敏になっている気管を刺激して咳の原因になります。お酒もダメです。咳でお悩みの方は、首や肩、背中が歪み、硬くなっていることが多いので、直接温めるのも良いでしょう。



寝ている態勢

 横向きで寝るようにしましょう。気道がふさがりにくくなります。また仰向けで寝ていると、鼻水やたんが喉に流れやすくなることが原因で、咳が出やすくなることもあります。横向きで寝ると気道に鼻水やたんが落ちこむのを防ぐ効果もあります。普段よりも枕を高めにするのも有効です。



寝る環境

 エアコンなどを使い過ぎてお部屋が乾燥していませんか?乾燥を防ぐため加湿器を使ったり、タオルを濡らして吊るしたり、お部屋の保湿をしましょう。また寝るときもマスクをつければ保湿効果や異物の侵入を防いだり、鼻呼吸を促すことができます。普段から寝具、寝室を清潔に保ちましょう。


 枕カバーやシーツはこまめに取り換えましょう。お部屋の空気をきれいに保つことはとても大切です。空気清浄機や布団用クリーナー等を上手く利用するのもおすすめです(カビ・ダニ・ハウスダスト対策)。アレルゲンは咳の反射を起こしやすくします。当然ですが寝る直前に掃除をしては逆効果です。ホコリやチリが舞い上がり気管を刺激してしまいます。



夜に出る咳でお悩みの方は、横浜アーク整体院までお気軽にお問い合わせください。

 風邪のときも同じことが言えます。身体を治すのには寝るのが一番、と早めにお布団に入ってみたものの、咳が出だして眠れないそんな時もこの対処法を試してみて下さい。


 夜に咳が出てなかなか止まらないという症状が1週間以上続いた場合は、咳喘息(ぜんぞく)の可能性があります。


 また、昼夜問わずがんこな咳が2週間以上続く場合は、結核や肺炎(マイコプラズマ等)の可能性もあります。結核の場合は伝染病ですから、知らないうちに菌をまき散らしている可能性もあります。「たかが咳」と思わずに、まずは病院を受診するようにしましょう。


 そして、咳があるのに病院で原因がわからなかったときは自律神経の乱れが原因である可能性があります。その場合は、自律神経の専門家である横浜アーク整体院にお任せ下さい。


 夜に出る咳の原因「自律神経」の専門家による無料相談


 自律神経専門情報の一覧


ご予約・お問い合せはこちら

横浜市港南区港南台4-7-29 
サウスポートヒルズA201

【土日営業】【予約制】【第2水曜定休】

*


あわせてお読みください。

  • 施術の流れ

  • スタッフ紹介

  • 当院までのアクセス



今ならHP見たで、初見料が無料!

起立性調節障害を克服するための5つの秘訣

自律神経専門情報

症状改善後の再発防止に「自律神経バランスプログラム」

うつ病・自律神経失調症・パニック障害のための「無料カウンセリング講座」

早期回復・再発防止のための、自律神経を整える「無料の腹式呼吸法講座」

横浜アーク整体院の「3つの約束」

症例集

スタッフ紹介

患者さんの声

お問い合わせ

横浜アーク整体院

横浜アーク整体院の外観

〒234-0054
横浜市港南区港南台4-7-29
サウスポートヒルズA-201
tel. 045-873-0906


休診日:第2水曜日
受 付:09:30 - 20:00
※ 月木のみ18:30まで

 アクセス


 PageTop


copyright (C) 横浜で整体をお探しなら「横浜アーク整体院」. All Rights Reserved.