食欲不振と自律神経の関係について

横浜市港南区港南台4-7-29 
サウスポートヒルズA201

【土日営業】【予約制】【第2水曜定休】

  1.  » 
  2.  » 食欲不振と自律神経
Information
朝起きれるようになった」という患者さんの声を追加しました。

食欲不振と自律神経

  • お腹が空かない

  • お腹が常に張っているような(腹部膨満感)

  • げっぷが良く出る

  • 胸焼けがする

  • 胃酸が上がってくる感じがある


 あなたは、このような症状で困っていませんか?心当たりのある方は自律神経が乱れ始めている可能性があるので注意が必要です。


食欲過剰と食欲不振の関係

無理が更なる悪化をまねく場合も

 「お腹が空かない」「食べると腹痛が起きる」などの理由から、朝食や昼食を取らないことがあると思います。うつ病や自律神経失調症・パニック障害では、こういった食事に関する症状も併発しがちです。


 主に、副交感神経の働きが悪くなることによって、胃や腸などの内臓機能が低下してしまい消化器官に問題が起こり始めます。初期症状として、食欲過剰になり易いです。食べても食べても満腹感を得られず、食べ続けてしまうのです。


 自律神経的な問題が起こっているのですが、これは症状としてはまだ良い方なのです。


 これが進行すると、食事を取っても消化が上手く行われず胸焼けや膨満感などを感じる状態になってしまいます。症状が酷くなってしまうと「何も口にしたくない」「食べようという気力が沸かない」といった状態になってしまいます。


 食べないと栄養を摂取できないと考えて、無理やり食べさせようとする方もいますが、それは基本的に良くありません。内蔵機能が弱ってしまっているので、余計に悪化させてしまう可能性があります。食欲がなければ、食欲が出るまで食べさせなくて構いません。少しでも内臓に休息を与えなければならないからです。


 食欲が沸いても急に食べたりせずに、消化に良いものを時間かけて食べた方が良いでしょう。


消化と自律神経

消化(内臓)は自律神経(副交感神経)が支配しています。

 消化管とは、食べるものを消化・吸収するための器官のことです。消化管とは口(口腔)から肛門までの食物の通路のことを指します。


 消化は、口腔→食道→胃→十二指腸→回腸→上行結腸→横行結腸→下行結腸→S状結腸肛門…という流れで消化されていきます。


 消化器系は、肝臓や胆嚢、すい臓といった臓器も含まれています。


 これらの消化器のしくみは自律神経の副交感神経によって働いてくれるのですが、自律神経が乱れるとこの内臓(消化)の働きが弱くなってしまいます。胃腸の働きが悪くなると腹部膨満感や食欲不振といった症状がでやすくなります。


誰でもできる「食欲不振」3つの対策

1.食生活における対策

  • 消化の良いものを食べる

  • 栄養価の高いものを食べるように気を付ける

  • 食べたくない時は食べないようにする

  • カフェインを摂らないようにする

  • 冷たいもの、刺激の強いものは控えめにする


2.おなかを冷やさない対策

  • ぬるま湯で入浴する

  • おなかをあたためる(カイロなど)


3.その他の対策

  • 複式呼吸をする

  • たばこを吸わない

  • お酒を飲まない


 内臓にも自律神経にも優しいこの対策。誰でも簡単にできるものなので、ぜひ今すぐ実行してください。


無理に食べる必要はありません。

食欲不振でお悩みの方は、横浜アーク整体院までお気軽にお問い合わせください。

 食べないと栄養を摂取できないと考えて、無理やり食べさせようとする方もいますが、それは基本的に良くありません内蔵機能が弱ってしまっているので、余計に悪化させてしまう可能性があります。


 食欲がなければ、食欲が出るまで食べさせなくて構いません。少しでも内臓に休息を与えなければならないからです。食欲が沸いても急に食べたりせずに、消化に良いものを時間をかけて食べた方が良いでしょう。


 人によっては一日二食になる方もいれば一食になる方もでてくると思います。
気になる方は、自律神経の専門家へご相談されることをおすすめ致します。


 自律神経の専門家による無料相談


ご予約・お問い合せはこちら

横浜市港南区港南台4-7-29 
サウスポートヒルズA201

【土日営業】【予約制】【第2水曜定休】

*


あわせてお読みください。

  • 施術の流れ

  • スタッフ紹介

  • 当院までのアクセス



今ならHP見たで、初見料が無料!

起立性調節障害を克服するための5つの秘訣

自律神経専門情報

症状改善後の再発防止に「自律神経バランスプログラム」

うつ病・自律神経失調症・パニック障害のための「無料カウンセリング講座」

早期回復・再発防止のための、自律神経を整える「無料の腹式呼吸法講座」

横浜アーク整体院の「3つの約束」

症例集

スタッフ紹介

患者さんの声

お問い合わせ

横浜アーク整体院

横浜アーク整体院の外観

〒234-0054
横浜市港南区港南台4-7-29
サウスポートヒルズA-201
tel. 045-873-0906


休診日:第2水曜日
受 付:09:30 - 20:00
※ 月木のみ18:30まで

 アクセス


 PageTop


copyright (C) 横浜で整体をお探しなら「横浜アーク整体院」. All Rights Reserved.