頭痛(偏頭痛・緊張型頭痛)の原因と自律神経の関係について

横浜市港南区港南台4-7-29 
サウスポートヒルズA201

【土日営業】【予約制】【第2水曜定休】

  1.  » 
  2.  » 偏頭痛と緊張型頭痛
Information
朝起きれるようになった」という患者さんの声を追加しました。

偏頭痛と緊張型頭痛

なぜ、あなたの頭痛は病院では改善されないのか。

 あなたは、毎日頭痛がひどくてお困りではないですか?横浜アーク整体院では、お薬では良くならない頭痛が劇的に改善される方が多くいらしゃいます。あなたの頭痛の原因はもしかしたら自律神経の乱れが原因かもしれません。


頭痛と自律神経の関係

 横浜アーク整体院には「頭が割れるように痛い」「ズキズキ痛い」「頭が締めつけられてる感じ」などで起き上がることができないという方が多くいらしゃいます。頭痛は、「緊張性頭痛」と「片頭痛」に分けられます。


緊張性頭痛と自律神経

 頭を圧迫されるような、締めつけられるような重い感じで、頭の両側や前頭部、後頭部から首や肩にかけて鋭く痛むのがこのタイプの特徴です。首や肩のこり・痛みをともない、午後から夕方にかけて悪化する傾向があります。学校での人間関係など心理的ストレスなどが自律神経の交感神経を緊張させ血行を悪くすることが原因と考えられます。


片頭痛と自律神経

 頭の片側または両方がズキズキと鼓動性に激しく痛むのが特徴です。吐き気や嘔吐をともなうことも多く、発作中は、明るい光や音に敏感で、嫌う傾向があります。からだの内外からのストレスが、頭の血管を過度に収縮させ、その反動として、血管が急に拡張することが原因と考えられています。


頭痛とは?

そもそも頭痛とは一体どんなものなのでしょうか。

 頭痛は、現代の日本人の4人に1人が持っていると言われています。重い軽いは別として、どんな方でも一度は頭痛の経験があるのではないでしょうか。


  • 細かい仕事を長時間やったとき

  • 寝不足のときその反対に長時間寝すぎたとき

  • 首の向きが変な方向のままテレビを見ていたとき

  • 人混みの中に長い時間いたとき

  • 高い山に登ったとき


 などは「ちょっと頭が痛いな」と感じるでしょう。また、強いストレスによる頭痛で悩まされている方は多いのではないでしょうか。「頭痛」は、いろいろな言葉で表現されます。「少し痛い」場合もあれば、激烈で「割れるように痛い」こともあるでしょう。


 また、痛いというほどではなくて「頭が重い」くらいならば「頭重感」ですが、これも頭痛の一種だと思ってください。多いのは「首の後ろから後頭部にかけて痛む」という状態です。そして、「頭の芯が痛い」「締め付けられるように痛い」というのは、柱に頭をぶつけたときの痛みとは痛みの種類がちょっと違いますが、いずれも「頭痛」として取り扱います。


頭痛の原因

注意すべき頭痛の症状と、2つにわけられる頭痛の原因とは

 頭痛はその原因から、命に関わらない頭痛(機能性頭痛・一次性頭痛)と命に関わる頭痛(症候性頭痛・二次性頭痛)の大きく2つに分けられます。ほとんどの方は機能性頭痛に当てはまりますが、以下の症状が見られる場合は、念のために病院を受診されることを勧めます。


  • 突然痛くなった

  • 今までに経験したことのないひどい痛み

  • どんどん痛くなる

  • 意識障害がある

  • 発熱がある

  • 吐き気がある

  • 数ヶ月前に頭を怪我した


 機能性頭痛についてもう少し詳しく説明します。この頭痛で多く見られるのが片頭痛と緊張型頭痛で、いずれも女性が半分以上を占めます。片頭痛の原因には様々な説がありますが、何らかの刺激が神経に伝わり、神経の末端から血管に作用する物質が分泌され、血管を広げたり縮めたりするため、それが脳に伝わり頭痛として感じると言われています。


 緊張型頭痛の原因は、筋肉の持続的な収縮によりその部位の血流が悪くなり、そこから痛みを起こす物質が放出され、痛みがさらにその部分の筋肉の収縮を強くさせ、悪循環に陥ると考えられます。つまり、うつむき姿勢や頚椎の変形などが緊張型頭痛に深く関係していることが分かります。


偏頭痛と緊張型頭痛の特徴

偏頭痛と緊張型頭痛、それぞれの頭痛の特徴を見ていきましょう。

  片頭痛の特徴 緊張型頭痛の特徴
頻度

発作的に月に2~3回

持続的に一週間~10日以上

一回の持続時間

4時間~3日間

一日中

痛む場所

片側が多い

後頭部から首筋、こめかみ

痛みの程度

ひどいときには寝込む、じっとしていたい

我慢できる

発症のタイミング

「走ったり」「階段の昇り降り」などでひどくなる。生理の間、前後に痛くなることも。入浴したとき。ほっとしたとき(例えば週末など)

一定の姿勢で作業を継続した場合に起こる

頭痛以外の症状

吐き気、嘔吐。音や光に敏感になる

首や肩の凝り


頭痛(偏頭痛と緊張型頭痛)でお悩みの方は、横浜アーク整体院までお気軽にお問い合わせください。


 頭痛(偏頭痛と緊張型頭痛)は非常につらく苦しいものですが、周りの人には悩みが理解されにくいものです。それどころか、本人ですら病気と気づいていないこともあります。


 もしあなたがこのページを見て、偏頭痛や緊張型頭痛かもしれないと思ったら、まずは病院で診察を受けてみて下さい。


 それが偏頭痛なのか緊張型頭痛なのか、原因を把握した上で治療することが大切です。また頭痛ぐらい我慢すれば大丈夫と思っている方も注意が必要です。


 また、頭痛があるのに病院で原因がわからなかったときは自律神経の乱れが原因である可能性があります。その場合は、自律神経の専門家である横浜アーク整体院にお任せ下さい。


 頭痛(偏頭痛と緊張型頭痛)の原因「自律神経」の専門家による無料相談


 自律神経専門情報の一覧


ご予約・お問い合せはこちら

横浜市港南区港南台4-7-29 
サウスポートヒルズA201

【土日営業】【予約制】【第2水曜定休】

*


あわせてお読みください。

  • 施術の流れ

  • スタッフ紹介

  • 当院までのアクセス



今ならHP見たで、初見料が無料!

起立性調節障害を克服するための5つの秘訣

自律神経専門情報

症状改善後の再発防止に「自律神経バランスプログラム」

うつ病・自律神経失調症・パニック障害のための「無料カウンセリング講座」

早期回復・再発防止のための、自律神経を整える「無料の腹式呼吸法講座」

横浜アーク整体院の「3つの約束」

症例集

スタッフ紹介

患者さんの声

お問い合わせ

横浜アーク整体院

横浜アーク整体院の外観

〒234-0054
横浜市港南区港南台4-7-29
サウスポートヒルズA-201
tel. 045-873-0906


休診日:第2水曜日
受 付:09:30 - 20:00
※ 月木のみ18:30まで

 アクセス


 PageTop


copyright (C) 横浜で整体をお探しなら「横浜アーク整体院」. All Rights Reserved.