新型うつの症状の原因や、薬に頼らない治療法について

横浜市港南区港南台4-7-29 
サウスポートヒルズA201

【土日営業】【予約制】【第2水曜定休】

  1.  » 
  2.  » 新型うつ(非定型鬱)
Information
強い不安を伴う鬱が整体で改善」したという声をご紹介します。

新型うつ(非定型鬱)

もしかしたらあなたの症状「新型うつ」かもしれない…

新型うつに詳しい横浜アーク整体院の小見山

 最近「新型うつ(非定型鬱)」という症状が増えているのはご存知ですか?「新型うつ」では従来の「うつ病(定型鬱)」とは、正反対のようにみえる特徴があります。


  • プライベートだと元気だが、仕事・嫌なことなどをする時は気分が落ち込む

  • 少しでも嫌なことには、気分がひどく落ち込む

  • 自分が傷つけられるような言葉に強く反応してしまう

  • 夜になるとわけもなく悲しく、泣けてくる

  • 眠り過ぎや食べ過ぎになってしまう


 特に20~30歳代の若い人が、この「新型うつ」を発症しやすい傾向にあります。この新型うつは、抑うつ症状が強く出るため日常生活にも支障をきたすほどです。ただ食欲もあり、夜も眠れてどちらかというと過食・過眠傾向で体重増加も見られることから、うつ病とは気づかれずに治療が遅れる場合があります。


 また、自分にとってイヤなこと、例えば、仕事のときだけうつになり楽しいことは急に元気になってしまう、といった特徴もあります。さらに「新型うつ」はパニック障害などの不安障害を合併しやすく、合併すると重症化しやすいという特徴もあるので注意が必要です。


「新型うつ」の症状・行動

こころの症状

不安や焦り・自己嫌悪・絶望感・孤独感・無力感・自分を責める・非現実感・感情コントロールができない・死への恐怖など



からだの症状

涙が出る・動悸・汗が出る・ふるえ・息切れ・窒息しそうな感じ・胸部不快感・腹部不快感・めまい・ふらつき・感覚麻痺・冷感・熱感など



行動

自殺行為・自殺計画・物に当たる・他者に当たる・叫ぶ・薬を大量に飲む・過剰な飲酒・過剰な喫煙など



新型うつになりやすいタイプ

あなたは周囲の人からの評価が気になるタイプですか?

 新型うつ病の人は、いわゆる「良い子」タイプが多いようです。親や周囲の人にとっては手のかからない、大人しい子供で学業の成績もよく、エリートコースを歩む方もいます。


 学校でも、仕事についてからの職場でも、ほめられ、高い評価を得ます。ところが、しかられたり批判されたりする経験が少ないため、ちょっとした失敗でも、本人にとっては大きなストレスになり、ダメージを受けます。人から褒められても、内心は自分に自信がなく他人の評価が気になって仕方がない「もろさ」があるタイプが「新型うつ」になりやすいと言われています。


「新型うつ病」と「従来のうつ病」の違い

「新型うつ病」には、いわゆる「うつ病」とは、正反対のようにみえる特徴があります。まず「新型うつ病」と「うつ病」の大まかな違いを知っておきましょう。


  新型うつ病 従来のうつ病
気分
  • 集中力が散漫になる。

  • 好きなことや良いことがあると気分が良くなって明るくなり、悪いことがあると強く落ち込む。

  • 普通だったら何でもない、些細なことで強く悩む。

  • 他罰的(思い通りにならないと自分以外の他人や、状況などのせいにしようとする)になりやすい。

  • イライラしたり、怒りっぽくなる。

  • 集中力が無く、ぼーっとする。

  • 何事にも興味ややる気を失い、常に落ち込む。好きな趣味も出来なくなる。

  • 普通だったら何でもない、些細なことで強く悩む。

  • 周囲に迷惑をかけていると、自分を責める。

睡眠
  • 1日に10時間以上寝る(ベットに横になる)過眠が多くなる。ただし眠りは浅い。

  • いくら寝ても眠い

  • なかなか眠れない(入眠障害)、寝っても夜中目が覚め、眠れなくなる(途中覚醒)ことが多くなる。

  • 朝早く目が覚めてしまう

  • 睡眠不足になる。

食欲・体重
  • 過食が多くなる。

  • 特に甘いものへの欲求が強くなる。

  • 体重は増えることが多い。

  • 食欲が低下する。

  • 体重は減ることが多い。

気分の変動
  • 夕方から夜にかけて憂うつになる。

  • 夜、ひとりで泣くことがある。

  • 「夕暮れうつ病」ともいう。

  • 朝から午前中にかけて、最も憂うつだが、夕方になると少しは良くなる。

こころの状態
  • 過敏。他人の顔色をうかがう傾向が強い

  • 自責感を持ちやすい

その他
  • 疲労感が強く、手足が鉛のように重くなる

  • 体調や気分のアップダウンが大きい

  • わがままだと誤解されやすい

  • 全身の倦怠感がしばしば起こる

  • 体調や気分の波は少なくずっと低迷する


新型うつの原因

原因を理解してストレスを軽減させましょう。

 様々な症状が起こる「うつ病」ですが、その原因もまた多岐に渡ります。うつ病の主な原因は、さまざまなストレス・脳の機能異常などです。脳はストレスを強く受け続けると、脳内にトラブルを起こします。


 今まで脳内の情報を伝えるセロニンやノルアルドレナリンといった「神経伝達物質」が深くかかわってると言われてきました。しかし、最近では脳内の「扁桃体」(へんとうたい)から分泌されるストレスホルモンが過剰になると意欲の低下や行動の低下などを招き、それがうつ病を引き起こすと言われています。


新型うつ対策

 日常生活の中には、新型うつ病の症状を悪化させているものが意外にたくさんあります。自分の生活を振り返り、見直してみましょう。


1.  睡眠をしっかりとる

早寝早起きが体に良いのは、体が健康に近い人だけです。そのため、うつ病が辛い方は早く寝る必要はありますが早く起きる必要はありません。お仕事が休みの日などはしっかりと寝て、体を休めてください。



2.  疲れたら休養する

体を休めることによって自律神経の副交感神経(体を回復してくれる副交感神経神経)が働き症状を安定させます。



3.  入浴はぬるめのお湯にする

入浴は全身の血行を良くし、新陳代謝を高めてくれます。耳鳴りがある方は、熱めのお湯に長湯したり肩まで浸かるのは、血圧や心臓に負担をかけてしまいます。胸から下だけ湯に浸かる「半身浴」がおすすめです。夏場でもシャワーだけで済まさず、38度~40度くらいのぬるめのお湯にゆっくり浸かるようにしましょう。



4.  カフェインを摂らない

「コーヒー、紅茶、お茶、栄養ドリンク、コーラ、チョコレート」を摂らない。カフェインを摂ると自律神経の(交感神経)が過剰に働いてしまうことにより、からだのエネルギーを使い果たそうとする働きをしてしまいます。そのため体にエネルギーが無くなってしまい、うつが悪化する原因となります。



5.  パソコンを必要以上やらない

パソコンは、肩や腰などの肉体的な疲労や目の疲れなどが生じやすく、ストレスになりやすい作業です。ついつい使用時間も長くなりがちですが、脳への負担もなり症状を悪化させる原因にもなりますので、必要以上やらないほうが良いでしょう。また、携帯電話やゲームなども同じです。



効果が高く、薬に頼らない「新型うつ」改善の根本治療法

横浜アーク整体院の再発しない「新型うつ改善」の治療法とは

 新型うつによる辛い症状を我慢し続ける生活はもう終わりです。なぜ横浜アーク整体院の治療で、辛い新型うつの症状を我慢し続ける生活が終わるのかと言いますと。決定的な3つの違いがあるからです。


 新型うつ病は自律神経と深い関わりがあります。薬によってその場しのぎのような対策をしていては真の回復にはつながりません。新型うつを改善するためには、根本的な治療が必要となってくるのです。そのためには、まず自律神経を整えて「からだの緊張」を取り除く必要があります。


 そしてストレスの原因をつきとめて「こころのストレス」も取り除く必要があります。そうすることで、再発しない根本的な改善につながっていくのです。


横浜アーク整体院の新型うつ病を改善に導く根本的改善とは…


1.  からだの緊張をとる整体

筋肉の緊張による痛みがあるとストレスとなり、自律神経を乱す原因となります。そのため速やかに「痛みを軽減させる」必要があります。そして、筋肉の緊張を緩めて血管を拡げることによって「血液の循環」が良くなります。全身の血流が良くなることによって冷えなども改善されます。



2.  こころの問題を解決

心理カウンセリングによって、ストレスとなる性格・考え方(ネガティブ思考)が解決します。



3.  自律神経を調整する整体

脳室・頭蓋骨・内臓・硬膜・隔膜・脳脊髄液などを調整する施術をうけることで、自律神経のバランスを整えることが出来ます。



新型うつでお悩みの方は横浜アーク整体院までお気軽にご相談ください。


 新型うつは、上記の根本治療を受けることによって多くの患者さんが改善されています。 辛い「新型うつ」症状でお悩みであれば、まずはお気軽にお問い合わせください


 新型うつの専門家による無料相談


ご予約・お問い合せはこちら

横浜市港南区港南台4-7-29 
サウスポートヒルズA201

【土日営業】【予約制】【第2水曜定休】

*


あわせてお読みください。

  • 施術の流れ

  • スタッフ紹介

  • 当院までのアクセス



今ならHP見たで、初見料が無料!

起立性調節障害を克服するための5つの秘訣

自律神経専門情報

症状改善後の再発防止に「自律神経バランスプログラム」

うつ病・自律神経失調症・パニック障害のための「無料カウンセリング講座」

早期回復・再発防止のための、自律神経を整える「無料の腹式呼吸法講座」

横浜アーク整体院の「3つの約束」

症例集

スタッフ紹介

患者さんの声

お問い合わせ

横浜アーク整体院

横浜アーク整体院の外観

〒234-0054
横浜市港南区港南台4-7-29
サウスポートヒルズA-201
tel. 045-873-0906


休診日:第2水曜日
受 付:09:30 - 20:00
※ 月木のみ18:30まで

 アクセス


 PageTop


copyright (C) 横浜で整体をお探しなら「横浜アーク整体院」. All Rights Reserved.